The Spring Summer がこの世で最も「エモい」!

音楽


僕は「エモい」って言葉が好きだ。



だって便利だから!!!!!

人間の心はとても複雑である。

それ故に、まだ言語化されていない感情を覚える場面も多々あると思うんだが、そんな時はとりあえず「エモい」って言っておけばいいのよ。

同じ理由で「ヤバい」もめっちゃ好き。

お前らもそうなんだろぅ??

そんで、よく「あのバンドはエモい」とか、「あの曲エモい」とかよく言いますよね。

(心当たりがない方は残念ながら「おっさん or おばさん」と思われてるかも…?)

それって要するに、「言葉にはできないけど、なんか良い!!」ってことなのではないかな。

こう考えると、「エモい」だけで言語化できない感情を共有できてる若者って知的生命体すぎますね。

そうです。

お察しの通り、今回は「エモい」を乱用して楽をしちゃおーという回である。


The Spring Summerとは

エモいバンドをお探しのあなた。

The Spring Summer

を聴きなさい。



The Spring Summer(通称:スプサマ)とは、

2003年、大阪にて結成、高校時代に地元大阪の友達同士だった佐々木陽平 (Vo&G)、森眞浩 (G)、清田寿志 (B&Cho)は、
GOING STEADY のライヴを見に行き、勢いでバンドを結成、バンド名を TheSpringSummer と命名。
(中略)
2018年 KO”JUNGLE”Sugimoto 加入により、現在のラインナップとなる。 地元大阪を拠点に精力的に
ライブ活動を続け、2008年に3曲入り 1st demo 音源を発表。 その後も2009年に2nd demo、
2010年には6曲入り demo 音源「6 and six sence」 をライブ会場限定で発売。 2011年に初となる
6曲入り全国流通盤 「stitching everywhere」 を発売。2013年にライブハウス限定 single を発売。
2014年4月16日にLOSTAGE 五味岳久主宰の THROAT RECORDS より 10曲入り全国流通盤初の FullAlbum「Pictures」を発売。

引用元:http://www.thespringsummer.net/



正直、おっさんに差し掛かっている彼らだが、大人のエモを醸し出しているすんばらしいバンドなのだ。



それでは、彼らの曲をいくつか紹介しよう。

まずは、『船に乗って』という曲である。

個人的にこの世で一番好きなアウトロなので、絶対最後まで聴いていただきたい。

TheSpringSummer / 船に乗って


う〜〜ん。

気持ちいいいいいいいいいいいっっ!!!

やだ〜、最高じゃない〜!!!!!!

優勝!!!優勝!!!!

優勝の果て!!!!(???)

スプサマが一番エモい!!スプサマしかエモくない!!

スプサマが一番エモいに決まってらぁ。がははははは!!!

お次は、『endroll』という曲だ。

TheSpringSummer【endroll】



ほら〜、やっぱりエモい!!!

爆音。ハイトーンな切ない歌声。泣きのメロディライン。ツインギターの絶妙な絡み。

んーーー、いや。

言葉で説明するのは野暮である。なぜなら「エモい」のだから。

あぁ〜心がぴょんぴょんするんじゃぁ〜!

エモじゃぁ。大エモじゃぁ!!!

というかノブの喋り方するやつ多すぎるんだよな〜。

そろそろ面白くないぞ。もっと己で勝負しろ。

あとあれな。「佐藤健とライン」するやつも多い。もうええ。

健とラインしてる暇があったら、たまには親に電話の一本でもしてやれカス。






という訳で、今回はただただスプサマがエモいっていうだけの記事でした。

そこのエモいバンドを探しているあなた、ぜひスプサマをよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました